「ほっ」と。キャンペーン

創造論を考えよう at 東京ビリングストーン教会

創造論についてかんがえよう!

ども~、tsubitaです。
創造論についての記事を独立させることにしました。
もっと深く、創造論についてつらつら書こうと思います。

さて、まずは創造論の定義と周辺の勘違いを抑えておきたいと思います。

このブログで扱う創造論とは、
「創世記11章までの先史時代の聖書記述が正しいという科学的な証拠を検証する」

というものとします。
ここでやりがちな勘違いは、創造論は聖書が正しいことを科学的に論証する・・・わけではありません。
創造論は聖書が正しいという科学的な証拠を持ってくることしかできないわけです。
あとでトピックとして出しますが、科学は非常に不確かであり、あいまいなものです。
それが良いか悪いかのジャッジは、私たちが個人的にしなければなりません。

残念ながら、科学は歴史を扱うことはできません。
創世記の内容は歴史なので、それ自体を科学することはできないのです。
誰も、天地創造を科学的に説明することはできません。
これは思考から逃げているわけではなく、
「説明ができない」のがあたりまえであり、論理的なのです。

この辺は進化論もおなじです。
実際に進化してきたという歴史を扱うとき、それは非常に弱くなります。
このように進化してきたのではないか?とはいえるかもしれませんが、
このプロセスで進化したはず!とは絶対に言えないのです。


創造科学ではありますが、聖書を扱うため神学の議論もします。
進化論についても扱います。もちろん批判的にではありますが・・・。

重たいものから、軽いもの。
専門的なものから、非専門的なものまで、
たくさんのトピックを扱いますのでお楽しみに。
[PR]
by creation_tsunya | 2010-02-11 23:12 | 創造論
<< 創世記1章1節のすばらしさ



福音的な立場で創造論を考えていこう

by creation_tsunya
カテゴリ
全体
創造論
宗教多元主義
未分類
以前の記事
リンク集
人気ジャンル